ハワイカイ・コンドミニアムの購入 – ハワイ不動産物件情報

ハワイ・カイ不動産情報

オアフ島の東側に位置するハワイ・カイはハワイにある住居の中に最も特別なところの一つです。ハワイのカイの居住地はオアフ島の東南海岸線とポートロック(Portlock)、ハハイオネ(Haha`ione)とカアラケイ(Ka`alakei)谷、マリンナーズリッジ、クェーンゲート及びカラマ(Kalama)谷のサブ居住地または団地に囲まれています。

Hawaii Kaiハワイ・カイが人気の居住地になる原因は多いですが、その位置が理想的です。目立たない郊外に位置しますが、オアフの最も驚かせる風景地から数分間です。その地区はシーライフパーク、ココ(Koko)

噴火口植物園、ハナウマ湾(有名なマリンライフの聖地とスノーケリングの天国)、「ここから永遠に」小湾、砂ビーチ、マカプービーチとウォーキングトレール、マカプーライトハウス、クェーンゲートゴルフコース、マリンナーズリッジウォーキングトレールなどに近いです。

もっと実用的なのは、ハワイ・カイの住民がほとんどの人が働くホヌルルダウンタウンまで割に短い30分の道が気に入ります。ラッシュアワーを避ければ、通勤時間が15分間まで短いです。Safeway、Costco、Long’s、大量のレストランとその他多くの重要なショッピングセンターを含む全てのコミュニティーに便利なショッピングセンターが発展しています。住民たちは基本的に流動性が高く、収入も高いし、堅実な経済上の背景を持っています。

言うまでもないですが、オアフ島で安全で静かな、そして便利で美しい場所を探して住むバイヤーはハワイ・カイを高く評価します。上記の重要な要素に基づき、ハワイ・カイ不動産の市場価値が高く、基本的に毎年も上昇しています。

ハワイ・カイの典型的な一戸建住宅の位置が決定的です;海岸線に囲まれる家か谷の高い所にある家は百万ドルが必要です。ただし、ほとんどの家はおおよそ5,000平方フィートの大きさなら、3つの寝室と2つのバスルームがあれば、その価格が$725,000以上となります。

ハワイ・カイは大半一戸建住宅からなりますが、分譲マンションも多いです。そのマンションに、密度の高いコミュニティーにある一家または複数の家庭用のタウンハウスの他に、高層建築も含まれます。マンションに住む利点が顕著的です:基本的にもっと負担しやすく、視野が広く、そして匹敵できない楽しさ。

The Colony at the Peninsula – ザ・コロニー・アット・ザ・ペニンシュラ

コロニー・アット・ザ・ペニンシュラは2006年に完成したハワイカイ地区では最新の低層コンドです。近隣にはハハイオネ・バリー公園、マリーナ・ドック、ココヘッド・ネイバーフッド公園、ハナウマ・ベイ、ハナウマ・ベイ自然保護公園、カネワイ・フィッシュポンド、パイコ・ラグーン、ハワイカイ・タウン・センターなどがあり、大変便利です。

全館空調設備の整った4階建てのビル3棟に計218戸の1ベッド、2ベッド、3ベッドルームのユニットがあります。ユニットはそれぞれ大変広々としており1ベッドルームのユニットはオアフ島でも類を見ない900平方フィート(83.61㎡)あります。全てのユニットの天井の高さは9フィート(2.74m)あり、花崗岩製の調理カウンターが備え付けられています。ペットも可です。

2007年には35戸のユニットが売れ、価格帯は1ベッドルームの45万ドルから最大の3ベッドルームの75万ドルでした。2008年には少しペースが落ちたものの計20戸が売れ、当時の価格帯は1ベッドルームの38万ドルから3ベッドルームのペントハウスの75万ドルでした。2009年には37万5,000ドルから68万ドルの物件、計18戸が売れました。

共有施設としては2つのスイミング・プール、渦流式プール、大型のデッキ、BBQエリア、フィットネス・ルーム、ボート用ドック、ウォーキング/ジョギング道、運動室、リクリエーションエリア、中庭コモンエリア、公園、子供用の遊び場などが揃っています。セキュリティはゲートで外部に閉鎖された住民専用の敷地、セキュリティ巡回、常に施錠されているビルの出入口など、万全を期しています。

Nanea Kai – ナネア・カイ

比較的新しいナネア・カイ住宅地は2003年に完成しました。ハワイカイの住民専用の敷地内に位置し、近くにはマリーナの水辺、マウナルア・ベイ・ビーチ公園、ココ・クレーター植物園、ハハイオネ・バリー公園、ハナウマ・ベイ、ハナウマ・ベイ自然保護公園、カウパ・フィッシュポンド、ハワイカイ・タウン・センターがあり、便利な立地にあります。

この美しい敷地内には計87戸のユニットがあり、それぞれのタウンハウスは3階建てです。ユニットタイプは2ベッドと3ベッドルームがあり、最大2.5バスルームがあります。広さは2ベッド+2バスルームのユニットが980平方フィート(91.05㎡)で、3ベッド+2.5バスルームが1,600平方フィート(148.6㎡)です。全てのユニットは全館空調設備が備え付けられており、小さな庭、タウンハウスに隣接する車庫、専用ラナイ、防音防熱の二重壁、セキュリティ設備と素晴らしい造園が整っています。

過去の売買記録によると2007年に売れた物件は2ベッドルームが57万ドル、3ベッドルームが61万9,000ドル、2008年は54万5,000ドルから60万ドル、2009年は49万5,000から55万9,000ドルでした。2013年に売りに出された物件の平均価格は65万ドルとなっています。

共有施設としてはゲスト用駐車場、BBQエリア、リクリエーションエリア、住民用の追加収納スペース、スイミング・プール、ウォーキング/ジョギング道などが揃っており、ペットも可です。

Mount Terrace – マウント・テラス

1974年に完成した24階建てのマウント・テラスは計126戸のユニットを有しています。近隣にはマリーナの水辺、マウナルア・ベイ・ビーチ公園、ココ・クレーター植物園、ハハイオネ・バリー公園、ハナウマ・ベイ、ハナウマ・ベイ自然保護公園、パイコ・ラグーン、ハワイカイ・タウン・センターなどがあり、大変便利です。

全てのユニットは広さ1,644平方フィート(152.7㎡)の2ベッドルーム+2バスルームです。ユニット内にはエアコンが備え付けてあり、床から天井までの大きな窓から海、山、そしてマリーナの眺望が楽しめます。ユニットが広いのは大きな魅力ですが、ビルが少々古いこともあり維持費が比較的高くなっています。ただ、好立地条件と外部には閉鎖されている安全性、何よりも素晴らしい共有施設も考慮に入れるとお手頃である事に変わりはありません。

過去の売買記録によると2007年の買取り価格は64万6,000ドルから75万1,000ドル、2008年は66万3,000ドルから79万2,000ドル、2009年は52万6,000ドルから61万5,000ドルでした。2013年に売り出された物件は平均価格が約74万ドルとなっています。

共有施設としては、パティオとデッキ、専用庭園、ミーティング・ルーム、美しい造園、住人のための追加収納スペース、クラブハウス、サウナ、渦流式プール、温水スイミング・プール、大きな運動室、ハンドボール・コート、パーティルームなどが揃っており、セキュリティも24時間常駐のドアマンとロビーのセキュリティ設備が整っています。またペットも可です。

Moorings – モアリング

1969年築のモアリングはマリーナに面した素晴らしいタウンハウスです。近くにはマリーナの水辺、マウナルア・ベイ・ビーチ公園、ココ・クレーター植物園、ハハイオネ・バリー公園、ハナウマ・ベイ、ハナウマ・ベイ自然保護公園、パイコ・ラグーン、ハワイカイ・タウン・センターなどがあり、大変便利です。またこの地域はマリーナの「ダック・アイランド」に近いことでも有名です。ここでは訪問客がこの周辺に生息するカモに餌付けを楽しんでいます。

敷地内には計64戸のタウンハウスがあり、ほとんど全てがドックのあるマリーナに面して建っています。それぞれのタウンハウスは2階建てです。ボートが趣味の方やマリーナの景色が好きな方には最適の物件です。大部分のユニットが1,300~1,500平方フィート(120.8~139.4㎡)の広さで、3ベッドルーム+2.5バスルームのユニットですが、4ベッドルーム+2.5バスルームのユニットも1戸あります。2013年に売りに出された2ベッドと3ベッドルームの平均価格は約90万ドルとなっています。

共有施設としてはスイミング・プール、クラブハウス、ゲスト用駐車場、ビーチへの通り道、BBQエリア、ボート用ドック、パティオとデッキ、リクリエーションエリアが揃っています。またケーブル視聴料はアソシエーションが負担しており、ペットも可です。管理人も常駐しています。

Moana Kai – モアナ・カイ

モアナ・カイは2005年に建設された比較的新しいタウンハウスの住宅地です。こちらの住宅地は外部には閉鎖されているのでとても安全です。近隣にはマリーナ、マウナルア・ベイ・ビーチ公園、ココ・クレーター植物園、ハハイオネ・バリー公園、ハナウマ・ベイ、ハナウマ・ベイ自然保護公園、カウパ池、ハワイカイ・タウン・センターなどがあり、大変便利な立地です。

敷地内には13戸のタウンハウスがあり、計84のユニットが有ります。大部分の住宅は2階建てで、2ベッド+2バスルーム、3ベッド+2.5バスルームタイプのユニットがあります。間取りは全部で7種類あります。広さは1,237から1,729平方フィート(114.9~160.6㎡)まであります。これらの広々としたユニットには専用車庫と全館空調設備が設けられています。

過去の売買記録によると2007年に売れた物件は67万4,000ドルから70万7,000ドル、2008年は2ベッドのユニットが55万ドル、3ベッドのユニットが67万ドルで売れており、2009年は55万ドルから65万5,000ドルでした。2013年の平均価格は約61万5,000ドルとなっています。

残念ながら共有施設と言えるものはありません。しかし、その代わりにお手頃な価格が保たれています。

Mawaena Kai – マワエナ・カイ

1988年に完成したマワエナ・カイの住宅地は計104戸のタウンハウスを有しています。近隣にはマウナルア・ベイ・ビーチ公園、ココ・クレーター植物園、ハハイオネ・バリー公園、ハナウマ・ベイ、ハナウマ・ベイ自然保護公園、カウパ池、ハワイカイ・タウン・センターなどがあり、大変便利です。マワエナ・カイのタウンハウスはリースホールド(期限付き所有権)とフィーシンプル(無条件所有権)のオプションがあるのが魅力です。従って、発売時の価格設定はリースホールド用で、フィーシンプルのオプションを選んで買う場合には追加の支払いが求められます。

全てのユニットはマリーナに面しており、ユニットタイプは2ベッド+2バスルーム、3ベッド+2バスルームがあります。広さは2ベッドルームのユニットは1,012から1,146平方フィート(94.02~106.5㎡)、3ベッドルームは1,406平方フィート(130.6㎡)となっています。2階のユニットはマリーナに臨むラナイが付いており、1階のユニットはすぐ側がマリーナになっており、その大部分にボート用ドックがあります。またほとんどのタウンハウスが水辺に建っています。

2008年に売れた物件の価格帯は2ベッドルームで44万ドルから59万ドル、ボート用ドック付の3ベッドルームは52万3,000ドルで、2009年の平均価格帯は58万5,000ドルから62万7,000ドルでした。2013年に売り出された物件は50万ドルから67万ドルとなっています。

共有施設としては、ゲート付の敷地出入口、住民のための追加収納スペース、ボート用ドック、パティオ、デッキなどが揃っています。

Mauna Luan – マウナ・ルアン

1976年に完成したマウナ・ルアンは高級コンドミニアムで、2棟の20階建ての高層ビルに計434戸のユニットを有しています。こちらのコンドは様々な共有施設とリゾートスタイルのユニットで知られており、ハワイカイ地区で最大のコンドです。近隣にはハワイカイ・リクリエーション・センター、ハハイオネ・バリー公園、マリーナ・ドック、ハナウマ・ベイ、ハナウマ・ベイ自然保護公園、カネワイ・フィッシュポンド、カウパ池、パイコ・ラグーン、ハワイカイ・タウン・センターなどがあり、大変便利です。

ユニットタイプは様々な間取りの1ベッド、2ベッドルームのユニットがあり、広さは最大1,410平方フィート(131㎡)あります。大部分のユニットは2ベッド+2バスルームタイプで、全てのユニットから海と山の眺望が楽しめます。また、それぞれのユニットには1段下がったリビング、上下タイプの洗濯機と乾燥機、換気システムなどが設けられており、ほとんどのユニットに専用駐車場が付いています。平均価格帯は42万8,000ドルから55万ドルです。

共有施設として自由形状の滝と滑り台が付いた塩水スイミング・プール、7つのジャグジー、サウナ、10か所のBBQエリア、数か所のパーティエリア、ラケットボール・コート2面、運動室、パット練習場、青々とした庭、リクリエーションエリア、十分なゲスト用駐車場と24時間体制のセキュリティ設備などが整っています。

Mariners Village – マリナーズ・ビレッジ

1973年築のマリナーズ・ビレッジⅢは、同じ名称のマリナーズ・ビレッジIとマリナーズ・ビレッジⅡに続く第3弾の開発地です。マリナーズ・ビレッジⅢは3つの住宅地の中で最も大きく(28エーカーの敷地に279戸のタウンハウスが建設されています。)、マリナーズ・ビレッジIとマリナーズ・ビレッジⅡとは別々の谷に位置しています。近隣にはカミロ・イキ・ネイバーフッド公園、ココ・クレーター植物園、ハナウマ・ベイ自然保護公園、ハワイカイ・ゴルフ、マカプウ灯台、マリーナ地区などがあります。

ユニットのタイプは2ベッドルーム+1バスルームから4ベッドルーム+2.5バスルームまで様々な間取りがあります。平均的なユニットは約1,500平方フィート(139.4㎡)の広さがあり、ハワイカイ地区でも比較的大きくお手頃な物件となっています。過去の売買記録によると、2007年に売れた物件は2ベッドルームが43万ドル、3ベッドルームが50万6,000ドルで、2009年は41万4,000ドルから47万5,000ドルの価格帯の物件が売れました。2013年に売り出された物件の平均価格は約54万5,000ドルとなっています。

共有施設として、大きなスイミング・プール、リクリエーションエリア、クラブハウス、BBQエリア、散歩/ジョギング道、追加収納スペースなどが揃っており、大部分のユニットには専用駐車場があります。また、管理人が常駐しており、セキュリティ設備も整っています。

Marina Palms – マリーナ・パームズ

マリーナ・パームズは1966年に建設された54戸の2階建てタウンハウスが集まる住宅地です。これらの住居はシンプルな作りではありますが、便利なロケーションがマリーナ・パームズの魅力です。近隣にはマリーナ、マウナルア・ベイ・ビーチ公園、ハハイオネ・バリー公園、ハナウマ・ベイ、ハナウマ・ベイ自然保護公園、クリオウオウ公園、パイコ・ラグーン、ハワイカイ・タウン・センターなどが揃っています。

28戸のタウンハウスには3ベッドと2ベッドルームのユニットがあり、残りの26戸のには2ベッド+1バスルームのユニットがあります。これらのユニットの広さは888から約1,000平方フィート(82.5~92.9㎡)です。2007年に売れた物件の価格帯は44万ドルから50万ドル、2008年は44万ドルから52万ドル、2009年は45万ドルから50万ドルでした。価格が比較的お安くなっているので、ハワイカイ地区でお手頃価格のマリーナ付きの物件をお探しの方に適しています。

共有施設としてはスイミング・プール、渦流式プールなどがあり、一部のユニットにはドックが正面に設けられています。また管理人も常駐しています。