Gateway Peninsula – ゲートウェイ・ペニンシュラ

1972年築ではありますが、ゲートウェイ・ペニンシュラのタウンハウスはその多くが最近改築されています。すぐ近くにハハイオネ・バリー公園、マリーナ・ドック、クリオウオウ・ビーチ公園、マウナルア・ベイ・ビーチ公園、カネワイ・フィッシュポンド、ハワイカイ犬専用公園、パイコ・ラグーン、ハワイカイ・タウン・センターなどがあり、便利な立地です。

敷地内には17戸の3ベッドルーム+2.5バスルームのタウンハウスと22戸の4ベッドルーム+2.5バスルームのタウンハウスがあります。家は広々とした間取りで床面積は900~2,000平方フィート(83.61~185.8㎡)あり、その多くに専用のボート用ドックが備付けてあります。またペットも可です。2007年に買い手のついた4件は34万2,000ドル(リースホールド‐期限付き所有権)から115万ドルで、2008年に売れた2件はそれぞれ58万5,000ドルと68万7,000ドルでした。2009年にも2件売られ、その時の価格はそれぞれ59万9,000ドルと60万ドルでした。現在売りに出されている物件は75万ドル前後となっています。

共有施設としてはスイミング・プール、ボート用ドック、収納エリア、カバナ、クラブハウス、イベント・ルーム、BBQエリアが揃っており、管理人も敷地内にいます。