Mariners Village – マリナーズ・ビレッジ

1973年築のマリナーズ・ビレッジⅢは、同じ名称のマリナーズ・ビレッジIとマリナーズ・ビレッジⅡに続く第3弾の開発地です。マリナーズ・ビレッジⅢは3つの住宅地の中で最も大きく(28エーカーの敷地に279戸のタウンハウスが建設されています。)、マリナーズ・ビレッジIとマリナーズ・ビレッジⅡとは別々の谷に位置しています。近隣にはカミロ・イキ・ネイバーフッド公園、ココ・クレーター植物園、ハナウマ・ベイ自然保護公園、ハワイカイ・ゴルフ、マカプウ灯台、マリーナ地区などがあります。

ユニットのタイプは2ベッドルーム+1バスルームから4ベッドルーム+2.5バスルームまで様々な間取りがあります。平均的なユニットは約1,500平方フィート(139.4㎡)の広さがあり、ハワイカイ地区でも比較的大きくお手頃な物件となっています。過去の売買記録によると、2007年に売れた物件は2ベッドルームが43万ドル、3ベッドルームが50万6,000ドルで、2009年は41万4,000ドルから47万5,000ドルの価格帯の物件が売れました。2013年に売り出された物件の平均価格は約54万5,000ドルとなっています。

共有施設として、大きなスイミング・プール、リクリエーションエリア、クラブハウス、BBQエリア、散歩/ジョギング道、追加収納スペースなどが揃っており、大部分のユニットには専用駐車場があります。また、管理人が常駐しており、セキュリティ設備も整っています。